• ハウスエージェント

10月に植える・植えられる野菜!秋に植えるのが最適な秋植え野菜は?




涼しい日が増える10月は、害虫被害も少なく野菜を植えるのに適した時期です。暑くないため作業がしやすく、家庭菜園のスタートにおすすめです。10月に植える野菜は、寒い時期に味わえる冬野菜が増えます。プランター栽培も可能なため、ぜひチャレンジしてみてください。


10月に植える・植えられる野菜について

10月に植え付けることができる野菜はあります。しかし、10月に種や苗を植えたりしたあとは、晩秋に向かって気温が下がっていく一方です。植え付けの適期から遅れてしまうと、気温が低くて十分に成長できないまま冬を迎えます。まずは、10月に栽培するうえで、押さえるべき点を覚えておきましょう。


植え付け適期を守る


どのような野菜でも植えられるわけではありません。10月の気候でも栽培できる野菜の種まきや苗の植え付けましょう。同じ野菜の中でも遅い時期に植えられるものもあるため、植えるタイミングにあわせて品種選びするよう注意が必要です。


寒さ対策をする

10月に植えられる野菜は、涼しい環境を好む野菜が多いです。しかし、真冬の寒さや霜に当たると弱ってしまうものもあり、マルチやビニールトンネルなどの寒さ対策が必要です。少々の手間は掛かかりますが、寒さ対策をしっかり施すことで栽培期間も長くなります。

10月に植える・植えられる野菜

ソラマメ

ソラマメは春を代表する野菜ですが、植えるのは10~11月の秋です。半年ほど栽培し、5~6月に収穫期を迎えます。市販のソラマメは鮮度が落ちやすいですが、家庭菜園で育てれば新鮮な状態で食べれます。新鮮なソラマメはクセもなく美味しいのが大きな魅力です。


育て方のコツや注意点

種まきの時期を守る

ソラマメの苗は、小さなうちは耐寒性がありますが、大きくなると耐寒性が劣ります。そのため種を早くまきすぎると、冬を迎えたときに大きく成長しすぎていて、冬を越せなくなります。種まきの適期は地域によることから、園芸店などで確認し、必ず適期に種まきをしましょう。


アブラムシ対策をする


ソラマメには、春先にアブラムシがつきやすくなります。植え付け後に、寒冷紗か防虫ネットを掛けてアブラムシの飛来を防ぎましょう。万が一被害にあった場合は、早めに市販の殺虫剤をまいて対処してください。また背丈が70cmほどになったら、茎の先端を摘み取ることで、先端付近のアブラムシを除去できます。


プランターでの簡単な育て方


ソラマメは草丈が高くなるため、プランターで育てる場合は安定感のあるものを用意しましょう。ベランダの手すりなどに支柱を固定すると、より安定感が増します。またソラマメの種子は野菜の中でも高価なため、プランターで少量栽培する場合は苗を購入するのがおすすめです。


10月に植える・植えられる野菜

小カブ

小カブは栽培期間が30~50日と短く、家庭菜園初心者の方でも比較的簡単に育てられます。9月ごろから種まきシーズンに入り、年末ごろまで収穫できます。春にも栽培できますが、秋のほうが害虫の被害が少ないため育てやすいです。小カブには各地方の伝統品種が多く、お気に入りの品種を選んだり、複数の種類を育てたりするのもおすすめです。


育て方のコツや注意点


間引きながら育てる


小カブは種を密にまいたほうが生育がよくなりますが、成長とともに間引きが必要です。隣同士が触れ合うようになったら段階的に3回ほどに分けて間引きましょう。小カブの茎は折れやすいため、残す株の茎を傷めないように注意して間引いてください。


収獲適期を見極める


小カブは収穫時期が遅れると裂果したり、スが入ったりするため適した時期に収穫しましょう。直径5~6cmで収穫するものが多いですが、品種によって少しずつ違うため種袋の説明文を確認してください。成長速度には多少バラツキがあることから、適したサイズになったものから間引くように収穫していきます。


プランターでの簡単な育て方

小カブをプランターで育てる場合は、なるべく底面積の大きなものを選ぶとたくさん育てられます。また、少し多めに種まきして間引菜を利用すると、スペースの有効活用にも繋がります。種をまいた後は、防虫ネットでプランターごとおおって害虫対策をしてください。


10月に植える・植えられる野菜

ラディッシュ

ラディッシュは別名「二十日大根」と呼ばれるとおり、栽培期間がとても短い野菜です。実際には30日ほど掛かりますが、真夏と真冬を除いて栽培可能で、育て方も簡単なため家庭菜園初心者の方におすすめです。カラフルな品種が多く、複数栽培して調理すると料理の彩りがよくなります。


育て方のコツや注意点


害虫対策をする

ラディッシュはアブラナ科の野菜で、アオムシなどの害虫被害を受けやすいです。10~11月になると涼しくなり害虫の活動も少なくなりますが、しっかりと害虫対策を施しましょう。種をまいたあとに防虫ネットを張ると被害を防げます。またレタス類や春菊などのキク科の野菜と混植すると、忌避効果が期待できます。


すらしまきをする


ラディッシュは成長が早く、一度に種まきをすると、一気に収穫時期が来ます。収穫が遅れると裂果したり、スが入ったりして食味が落ちてしまいます。そのため、少しずつ時期をずらして種をまくと、長い間収穫し続けられておすすめです。


プランターでの簡単な育て方

ラディッシュは少ないスペースで栽培できるため、プランター栽培に最適です。プランターのサイズも問わず、自宅の栽培スペースにあわせて選べます。また、根や葉もそれほど広がらない性質で、ほかの野菜のプランター内でも育てられます。一度にたくさん消費することも少ないのため、少しずつ隙間を見つけて育ててみるのもよいでしょう。


★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★

※体温

※海外渡航歴

※サービス中の注意点

等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。

★何卒ご理解とご協力お願いいたします★

料金等詳細はホームページへ

まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を

https://www.kajidaikou.info/

インスタフォロワーさんは割引あり





3回の閲覧0件のコメント