• ハウスエージェント

2022年春と秋のお彼岸の入りはいつ?お彼岸の花って何がいいの?



2022年のお彼岸の入りはいつ?


2022年春のお彼岸


2022年春彼岸入り 3月18日(金)

中日(春分の日・祝日) 3月21日(月)

2022年春彼岸明け 3月24日(木)


2022年秋のお彼岸


2022年秋彼岸入り 9月20日(火)

中日(秋分の日・祝日) 9月23日(金)

2022年秋彼岸明け 9月26日(月)


お彼岸とは?

お彼岸は春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)として、前後3日間、合計7日間をお彼岸の期間とされています。お彼岸は、自然やご先祖様に感謝を捧げる仏教の伝統行事です。ただし、お彼岸にお墓参りに行くのは日本独自の文化です。

春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」と、自然や先祖を大切にする日本ならではの伝統文化として現在まで続いている習慣です。


お彼岸の花って?

お彼岸にお花を贈る場合


お花のお届け日は、お彼岸の入りの午前中くらいまで、もしくはお彼岸の入りの前日にお届けします。遅くても中日くらいまでにお届けするようにするのが一般的です。

お届けする方法は、アレンジメントか花束でお届けします。花屋さんに「お彼岸用」と用途を伝えて花材やデザイン(アレンジか花束か)などを相談してみましょう。

花のお届けもので大切なことは、留守中にお花が届いてしまうことのないようにご在宅日を確認してから手配することが大切です。


お墓参りのお供えの花によく使われる花


お墓参り用のお供えの花束は対(2束)を用意します。


春のお彼岸の花


菊、小菊、カーネーション、スターチス、フリージア、スイートピー、ユリ、トルコキキョウ、ラン、キンセンカ・・・



秋のお彼岸の花


菊、小菊、りんどう、キキョウ、ソリダコ、カーネーション、ラン、ユリ、トルコキキョウ・・・


最近は葬儀のスタイルも「個の時代」。花選びも一般的なものより故人の方が好きだった花を飾りたい、日持ちしなくてもよいと割り切って、故人の方の「好きな花、好きな色」の供花を選ばれる方も多くなっています。このような人の意識の変化からお彼岸の花のセレクトも、以前よりは自由に選ばれるようになっています。

また、地域によって花の色や使える花にしきたりがある場合もあります。心配な場合は、そのエリアの花屋さんに相談してみましょう。




★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★

※体温

※海外渡航歴

※サービス中の注意点

等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。

★何卒ご理解とご協力お願いいたします★

料金等詳細はホームページへ

まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を

https://www.kajidaikou.info





閲覧数:1回0件のコメント