top of page
  • 執筆者の写真ハウスエージェント

親も楽しい夏休みを過ごすには!? ~親が疲れる原因~


子どもたちが楽しみにしている夏休みですが、親にとってはいつもより忙しく大変なことも…子どもと過ごす時間が増え、成長を実感できるうれしい期間である反面、家事などに追われ、イライラしてしまうこともあるのではないでしょうか。


子どもの夏休み、親が疲れる原因とは


長い長い夏休み。「子どもと一緒に楽しみたい!」という気持ちがありながらも、夏休みが終わる頃にはヘトヘト……という方も多いのではないでしょうか。子どもの夏休みで親が疲れてしまう原因をピックアップしてみました!


食事の準備


普段は給食などで昼食を済ませてくるのに、夏休みは朝と夜に加えてお昼ご飯の用意が必要になります。朝昼晩の食事を毎日用意するのは容易ではありませんよね。

また、子どもが小さいと食事のサポートが必要なケースも多く、子どもから目が離せない、なんてことも。


宿題の面倒を見る

夏休みといえば大量の宿題。自由研究や読書感想文など大人のサポートが必要な内容も多く、親の負担になっているようです。

特に子どもが低学年の場合は進捗管理なども必要となり、親の負担が大きいといえるでしょう。ドリルの丸つけ作業や間違い直しが大変という声も。


自分の時間がない

夏休みは普段よりも子どもと過ごす時間が多くなり、自分の時間がなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。子ども中心の生活になることで、普段よりも疲れを感じやすくなることもあります。


体力面

子どもが小さいと完全に目を離すこともできず、遊び相手になってあげる必要があります。「猛暑の中、公園に連れて行く」「ずっと遊び相手になってあげる」など、体力面で負担を感じることも。


きょうだい喧嘩

きょうだい育児をしていると、さっきまで仲良く遊んでいたのに急におもちゃの取り合いが始まっていた……なんてことも日常茶飯事。ただでさえいつもより忙しい夏休みに、喧嘩が勃発したらストレスも溜まってしまいますね。


在宅勤務との両立

長引くコロナ禍で在宅勤務をしている方も多いのではないでしょうか。子どものお世話や、すぐに話しかけてくる子どもの対応をしながら仕事に集中するのは大変ですよね。仕事・家事・育児のタスクが重なることで、疲れを感じてしまうケースも少なくありません。





料金等詳細はホームページへ


まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page