• ハウスエージェント

節分に食べるものって?



節分いわし


どうせ頭を飾るのだから、体の部分は食べたいものですね。ここで気になるのがイワシの種類。マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシといろいろあります。

大阪市中央卸売市場によると、マイワシにひと塩した「塩イワシ」が定番。内臓を出した後、粗塩を30分ほどまぶすと水分が抜け、旨みがギュッと凝縮されます。 また、ウルメイワシも冬が旬なので節分向きです。


恵方巻き


「恵方を向いて丸かじりして無言で食べ切れば、願いがかなう」と言われる恵方巻き。 発祥は諸説ありますが、江戸時代末期に大坂・船場で商売繁盛の祈願として始まったとも言われています。

縁を切ることなく、商売繁盛の運を一気にいただく縁起物。自宅で「手巻き」するのもいいですね。七福神にちなんで、7種の具を使うのがお約束だそうです。


落花生(ピ―ナッツ)


北海道、東北、信越地方と、宮崎・鹿児島県では、大豆の代わりに落花生(ピーナッツ)を殻のままでまく家庭が多いそうです。

全国落花生協会によると、広まったのは昭和30〜40年代ごろ。拾って食べるのに衛生的だからとか、大きくて拾いやすい…というのが理由だとか。合理的! 殻に2粒入っている場合、何個とカウントするのか?という問題は、「殻=1個」だそうです。

落花生の名産地・千葉県では、砕いた落花生をイワシにまぶして揚げるご当地レシピ「イワシのピーナッツ揚げ」があります。節分にぴったりですね。


節分そば


江戸時代「年越しの日」でもあった節分の日には、そばがよく食べられていました。大店(おおだな)などで使用人にそばをふるまうこともあったようです。

これが年越しそばの始まりで、当時は「年取りそば」「節分そば」と呼ばれていました。今でも長野県や島根県出雲地方では、節分にそばを食べる習慣が残っています。




★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★

※体温

※海外渡航歴

※サービス中の注意点

等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。

★何卒ご理解とご協力お願いいたします★

料金等詳細はホームページへ

まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を

https://www.kajidaikou.info




閲覧数:2回0件のコメント