• ハウスエージェント

海外の家事代行サービスはどんな感じ?


アメリカの家事代行サービス事情


アメリカの家事代行サービスの根底には、イギリスのメイド文化(使用人)がありました(現在は一般的ではありません)。


アメリカは共働き世帯の利用者が多く、約64%の家庭が家事代行サービスを普段から利用しているというデータがあります。合理性を重視するアメリカ人は、家事に対して価値を見出していない傾向があり、日本人の1日の家事時間が4時間54分に対して、アメリカ人の家事時間は2時間15分と半分以下です。


アメリカ人は日本人に比べ、家族との時間を大切にします。そのため、家事に追われてイライラして家族と楽しい時間を過ごせないくらいなら、「自由な時間はお金で買えばよい」と合理的に考える傾向にあるようです。


シンガポールの家事代行サービス事情


住み込み家事代行が最も盛んなシンガポールでは、住み込みのメイドを月5~8万円程度で雇用できることから、雇用条件と労働条件がしっかり定義されています。


そのため、雇用者は1日3回の食事と週に1度の休みを与えることが義務化され、働く上で最低限度の環境が保証されています。また、年に3回以上スタッフの入れ替えが行われた場合は、3時間の教習を受講しなければなりません。


中国(香港)の家事代行サービス事情


香港では、一般的な家事代行とは異なり、ハウスクリーニングの側面が強い傾向があるようです。香港の家事代行業界では、フィリピンやインドネシアから出稼ぎで訪れた約30万人の外国人家政婦が活躍しています。主に個人契約で、事務所に斡旋料を支払うスタイルです。


日本における家事代行サービス


「部屋の中が散らかった状態でお客さんを家の中に入れるのは失礼」という感覚がある方が多いこともあり、「家族以外の人に家の中を見られたくない」という意識が持たれる傾向があります。


さらには、「家事や育児は主婦が行うもの」という価値観が根付いている背景が、日本で家事代行サービスが普及しない要因のひとつと考えられます。女性の社会進出が進みつつある現在では、女性の家事や育児の負担を軽減すべく、国家戦略特区として家事代行サービスが注目されつつあります。


家事を楽にする方法とは?家事代行サービスを日常的に利用しよう


完璧主義をやめる


毎日の家事や育児に加え、フルタイムでの勤務となると、あっという間に時間が過ぎてしまいますよね。家事は女性が行うものという考えに縛られ、完璧に家事をこなそうとすればするほど疲労困憊し、家事をすることが精神的負担になってしまうことがあります。


掃除はこまめにおこなう


ちょっとした工夫で楽になる日々の掃除は、こまめに行うことがポイントです。

例えば、キッチン用の洗剤やシャンプーのボトルを浮かせる、掃除機やほうきなどは一つの場所にまとめて置くなど、掃除道具の収納方法などを工夫するだけで、便利で使いやすくなります。また、使用頻度の高いキッチンツールなどを収納する場合は、取り出しやすさを優先するだけで、効率もアップします。


生活家電を利用する


日々の家事を楽にするためのアイテムとして注目されているのが「ほったらかしにできる家電」です。例えば、掃除機・食洗機・洗濯機など時短家電のほとんどは、スイッチを入れてそのままにしておくだけで家事が完了します。中には、AI機能を搭載したモデルやスマホで操作できるモデルなども続々と登場しているため、家事の優先順位を考慮して時短家電を導入すると、面倒な家事が一気に楽になるはずです。





★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★


※体温


※海外渡航歴


※サービス中の注意点


等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。


★何卒ご理解とご協力お願いいたします★



料金等詳細はホームページへ


まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を

https://www.kajidaikou.info


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示