• ハウスエージェント

梅雨の時期の部屋干しにはコツがある!臭いをつけず早く乾く方法【前編】



梅雨の時期は洗濯物を部屋干しする機会が多くなります。部屋干しは洗濯物が乾きにくく、せっかく洗濯したのに臭いがついて困ったという経験がある方も多いのではないでしょうか。今回は、梅雨の部屋干しで臭いをつけないコツなどを紹介します。


梅雨の部屋干しで起こる困りごと

雨が長く続く梅雨の時期でも洗濯はしなければならず、部屋干しをしている家庭も多いと思います。湿気が多い時期の部屋干しは、さまざまな困りごとが起こりがちです。どのようなことが起こるのか、見ていきましょう。


■雑菌が繁殖して臭いがつく

部屋干しで起こりやすいのが、嫌な臭いです。嫌な臭いの原因は「モラクセラ菌」という雑菌の一種で、空気中や人の体など、あらゆる場所に存在します。それ自体では臭いを発するものではありません。

しかし、水分や皮脂の汚れなどがある場所で急激に繁殖し、臭いの原因になる物質を発生させます。水分を含む状態が長く続いたり、汚れや汗が洗濯で落ちきらなかったりすることで原因物質は大量に増え、嫌な臭いがついてしまうのです。

臭いを発するのは約5時間後

洗濯物は洗い終わってから時間の経過とともに増えますが、特に雑菌が繁殖しやすいのは湿度が60%以上と高く、温度が20度から30度の状態です。ちょうど梅雨があてはまる環境で、臭いが発生するまでの時間も短くなります。

雑菌が繁殖して臭いを発するまでの時間は平均5時間後とされていますが、それまでに乾かすことが臭いを抑えるポイントといえるでしょう。

■乾くまでに時間がかかる

湿度の多い梅雨の部屋干しは、乾くまでにはどうしても時間がかかります。それが臭いの原因でもありますが、早く乾かないことで着るものが足りなくなるのも困りごとのひとつです。

梅雨の時期は蒸し暑く、汗をよくかくため頻繁に洗濯しなければなりません。しかし、乾きが遅ければ干すものばかり増えて干す場所もなくなってくるでしょう。


梅雨の部屋干しで臭いをつけない4つのコツ

部屋干しで特に困るのは臭いです。梅雨の部屋干しで臭いをつけないためには、押さえておきたいポイントがあります。4つのコツを紹介しましょう。


1. 洗濯機を清潔に保つ

臭いの原因は雑菌であるため、まずは洗濯機を清潔に保つことが大切です。洗濯機の中はカビが生えやすいため、定期的に専用の洗剤で掃除しましょう。洗濯が終わったあとは毎回蓋を開けておき、乾かすようにしてください。

洗濯機の中に洗う物を直接入れるのはやめましょう。汚れた衣類を洗濯カゴの代わりに使うと、洗濯物と洗濯槽のどちらにも菌が繁殖して臭いやカビの原因になります。毎日の洗濯物は、通気性の良いランドリーボックスに入れるようにしましょう。

2. 洗濯物を湿った状態で放置しない

洗濯物をすぐに干さず、湿った状態で放置するのはやめましょう。洗ったあとすぐに干せない場合はすすぎが終わった段階でいったん停止し、生乾きの状態にはおかないようにします。脱水した場合は、すぐに干すことを心がけてください。

3. 抗菌効果のある洗剤や柔軟剤を使う

梅雨の時期は、できるだけ抗菌効果のある洗剤や柔軟剤を使うようにします。抗菌作用により臭いの原因になる雑菌を抑えることで、臭いの発生を防ぐことができます。最近は部屋干し向けに開発された洗剤も販売されているため、それらを利用してみるのもよいでしょう。

ただし、これらの洗剤などを使えば絶対臭わないわけではなく、干し方も大切です。いくら抗菌効果の高い製本を使っても、湿度の高い場所で長時間乾かない状態におけば、時間の経過で臭いが発生してしまいます。

臭い対策には、酸素系漂白剤や重曹を併用することもおすすめです。酸素系漂白剤は臭いの原因になる雑菌を除菌するもので、部屋干し用洗剤の多くにも使われています。酸素系漂白剤は「過炭酸ナトリウム」という成分からできており、アルカリ性のため、皮脂汚れなどに強い効果を発揮する洗剤です。洗濯する前に衣類をつけ置きして使い、嫌な臭いを防止することができます。

重曹は、臭いをとるほか、弱アルカリ性のため臭いの元になる皮脂汚れを落とす働きが特徴です。さらに、洗濯槽の中で雑菌が繫殖するのを防ぐ効果もあります。洗濯には100円ショップでも手に入る掃除用の重曹を使いましょう。

使用するときは、合成洗剤ではない洗濯用の液体石鹸と併用します。使用量の目安は、液体石鹸の使用量の半分です。例えば、液体石鹸を50ml使用する場合、石鹸を25ml、重曹を25ml入れることになります。重曹は水に溶けにくいため、40℃前後のぬるま湯に溶かしてから使いましょう。

4. カーテンレールや壁沿いは避ける

部屋干しは生活の邪魔にならないよう、カーテンレールや壁沿いを利用するという方もいるかと思います。しかし、これは避けましょう。カーテンや壁に湿気が移ることでカビの原因にもなります。次にまた同じ所に干す場合、洗濯物にもカビが移ってしまうでしょう。

また、カーテンや壁自体にも目に見えない汚れがあり、それが洗濯物に付くことで臭いの原因になります。カーテンや壁沿いは空気も流れにくく、洗濯物の乾きも悪くなるでしょう。




★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★

※体温

※海外渡航歴

※サービス中の注意点

等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。

★何卒ご理解とご協力お願いいたします★

料金等詳細はホームページへ

まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を

https://www.kajidaikou.info



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示