• ハウスエージェント

春が旬の果物!美味しいフルーツの食べ方や食べ頃の見分け方!



新しい出会いの予感に心が躍る春の季節。そんな春には、いちごや柑橘類など、甘酸っぱい果物が旬を迎えます。おいしいだけでなく健康にもいい春の果物を食べて、明るく楽しい新生活を謳歌しましょう。今回は、おすすめの春の果物をご紹介します。


旬の時期に食べたい!春のおすすめ果物

イチゴ

春の果物といえばやはりコレ。甘酸っぱい味わいとキュートな見た目で、春の人気果物ランキングでも常に上位に入っている王道の春フルーツです。


イチゴには、ビタミンCや食物繊維、ポリフェノールなど、健康だけでなく、美容にもうれしい栄養がたくさん含まれています。おいしくて栄養価も高いイチゴは、ヘルシーな朝食や食後のデザートにぴったりです。


美味しいイチゴの見分け方


イチゴの旬は3月から4月頃にかけてです。最近ではハウス栽培や輸入物もあるので、通年で手に入りますが、やはり旬の時期のイチゴは甘くておいしいものが多いです。選ぶときは、ヘタがピンとしていて、鮮やかな緑色としているものを選びましょう。イチゴの表面に産毛が残っていれば、新鮮な証拠です。


イチゴは、イチゴパフェやショートケーキ、いちご大福など、春のデザートに欠かせない主役級の果物です。また、いつものフルーツの盛り合わせにイチゴを入れるだけで、一気に春らしさが増しますね。


イチゴに含まれるポリフェノールは、乳製品と一緒に摂ることで吸収率がアップするので、牛乳やヨーグルトなどの乳製品と一緒に食べるのがおすすめです。


甘夏


甘夏は夏みかんの仲間です。夏みかんよりも酸味が少なく、さわやかな甘味とプチプチした食感が特徴で、春の人気果物ランキングはもちろん、柑橘類のランキングでも常に上位に食い込む人気品種です。甘夏に限らず、春は柑橘系の果物の旬なので、柑橘類の盛り合わせをデザートに食べるのもおすすめです。


美味しい甘夏の見分け方


甘夏の旬は、3月の後半から5月にかけてです。甘夏を選ぶときは、ヘタが緑色で、皮に艶があるものを選びましょう。また、手に持ってずっしりと重さを感じるものの方が、甘くてジューシーな甘夏です。キズや形は、味そのものにはあまり関係ないので、皮を料理に使う場合以外はあまり気にしなくても大丈夫です。


酸っぱさと甘さのバランスがちょうどよく、香りもさわやかな甘夏は、オランジェットやゼリーなどのデザートによく使われます。また、皮ごと使ってマーマレードジャムにしたり、果実酒を作るのもおすすめですし、もちろん盛り合わせにしてそのまま食べてもおいしいです。


文旦

文旦は、柑橘類の一種です。国内の産地ランキングでは、高知県が圧倒的に1位を占めており「土佐文旦」と呼ばれることもあります。


グレープフルーツの仲間ですが、グレープフルーツよりも酸っぱさが控えめで、甘さと酸っぱさもバランスがよく、果肉もよりぷりっとしています。ビタミンCやクエン酸が豊富で、美容と健康にもうれしい春の果物です。


美味しい文旦の見分け方


文旦の収穫時期は冬ですが、収穫してから1~2か月ほど追熟させるので、おいしく食べられる時期は2月~4月頃になります。選ぶ際は、ヘタが緑色で表面に艶があり、手に持ってずっしりと重みがあるものを選びましょう。


ふるさと納税の返礼品としている市町村もあり、春先のふるさと納税人気ランキングでは、果物カテゴリの上位にランクインすることもあります。


文旦の皮は硬いので、皮をむくときはナイフを使います。皮はよく洗ってピールにしてもおいしいので、捨てずにとっておきましょう。皮ごと使ってジャムを作るのもおすすめです。果肉はそのまま食べてもおいしいですし、ゼリーにしたり、サラダに入れたりしてもおいしいです。



★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★

※体温

※海外渡航歴

※サービス中の注意点

等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。

★何卒ご理解とご協力お願いいたします★

料金等詳細はホームページへ

まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を

https://www.kajidaikou.info



閲覧数:2回0件のコメント