top of page
  • ハウスエージェント

年末に大掃除をする意味って?


そもそも、なぜ忙しい年末に大掃除を行うようになったのでしょう?寒いし、春や夏の温かい時期のほうが合理的なのでは?と思う方もいるかもしれません。


もともと大掃除は「煤払い(すすはらい)」という仏教の行事が由来と言われています。毎年12月13日(鬼宿日:何事もうまくいく日)に神棚や仏壇、家じゅうの汚れを払うことで、その年の豊作を司る「歳神様」を各家に気持ちよくお迎えするための“神事”として行われていました。


また掃除の「掃」の字には「祓い清める」、「除」の字には「すべてにわたり」という意味があります。つまりただ家をきれいにするだけではなく、自分の1年間の厄や穢れを祓う意味合いも持っています。


「家も心も清めた状態で、歳神様をお迎えし新年をより良いものにしよう」という願いが込められているのが、年末に大掃除をする理由のようです。


大掃除は事前準備で効率的に!


チェックリストを作る


まずは掃除する場所をリストアップ。チェックリストを作っておけば、大掃除の全体の作業量も見えてくるため予定が立てやすくなります。1日の作業量、優先度などを意識することがポイント。


スケジュールを立てる


チェックリストをもとに、いつまでに掃除を終えるか逆算してスケジュールを立てましょう。完了日を決定しておけば、掃除個所の優先順位が決めやすくなります。

また、大掃除のときはごみが大量に出るため、ごみ出しの日を確認しておく必要があります。年末はごみ回収の曜日が変わることもあるので、気を付けましょう。開始から完了日までのスケジュールが決まったら、家族の予定を確認して。できるだけ全員が参加できる日程をえらび、手分けして作業を行いやすい日を選びます。


掃除用具を用意しておく


掃除場所とスケジュールが決まったら、大掃除に必要な道具をそろえます。年末の食材などの買い出し時に一緒にまとめ買いできるとラクチンです。


洗剤類については掃除場所やどの程度きれいにするかによって、何を選ぶかが変わってきますので、事前リサーチが肝心。マスクやゴム手袋、新聞紙など基本道具も忘れずに。


当日の掃除順を決める


段取りを決めておくと当日の流れがスムーズです。家族にわかりやすくするため、家の間取りを紙に描き、掃除場所と役割分担を明記しておくのも手。


理想的な進め方としては「水回り」→「キッチン」→「使用頻度の低い部屋」→「使用頻度の多い部屋」の順番です。



溜まった汚れを家族だけで掃除するのが大変な場合、家事代行サービスに依頼するという方法もあります。一部分だけでも業者にまかせると、かなりの時短になりますよね。







★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★


※体温


※海外渡航歴


※サービス中の注意点


等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。


★何卒ご理解とご協力お願いいたします★


料金等詳細はホームページへ


まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を

https://www.kajidaikou.info




閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page