• ハウスエージェント

家事代行サービスの賢い使い方とは?


依頼内容を明文化させておく


家事代行サービスのスタッフの方に期待通りの作業をこなしてもらう上で重要なのは、依頼する前にお願いしたい作業内容を明文化しておくという点です。口頭での指示だけだと作業に抜け漏れが出ますし、自分の普段のやり方とは違うやり方で作業をされてしまう可能性があります。


特に洗濯については、下着と衣服は洗い分ける、洗濯ネットはこう使う、たたみ方はこうする、など自分なりの独自ルールを持っている方も多いと思いますので、こだわりがあるかたはしっかりと伝えておく必要があります。


家事代行スタッフの方は、様々な家庭の家事を手伝っており、家庭ごとに異なるルールで対応していますので、一つ一つを覚えることはかなり難しいのが現状です。そのため、スタッフの方が作業を覚えてなくてもいいようにしっかりと明文化しておき、その紙を見れば何をどのようにすべきかがすぐ分かる状態にしておくことをおすすめします。また、明文化しておくことで、スタッフを切り替える際にもスムーズな交替が可能になるというメリットもあります。


依頼内容に優先順位をつける


家事代行サービス会社の多くはレビューのシステムを導入しているため、作業後にはメールなどでレビューの依頼が来ることがあります。


レビューについては、依頼の有無に関わらずできる限り積極的に対応することをおすすめします。レビューをすることでスタッフの方に作業の良し悪しを伝えることができ、次回以降の作業効率やクオリティが上がります。


また、スタッフの方も作業内容をしっかりと見られているという感覚になり、毎回しっかり作業をしてくれるようになります。特に不在時に家事代行サービスを依頼している方は直接作業を見ることができないため、ぜひレビューのシステムを上手に活用して作業のクオリティを担保するようにしましょう。


作業を見て勉強する


家事代行サービス会社から派遣されてくるスタッフは家事経験が豊富なプロの方が多いので、スタッフの方から学べることもたくさんあります。なぜこんなに洗濯ものがふんわりと乾くのか、なぜこんなにお風呂場がピカピカになるのか、など気になったことはどんどんと質問して自分自身で家事をする際にも活かせるようになりましょう。スタッフの方の立場からしても質問されることは嬉しく、お互いの信頼関係の強化にもつながりますのでおすすめです。


何度か依頼しているスタッフには道具の不足がないかを聞く


既に何度か依頼しているスタッフに対しては、清掃道具の不足がないかなどを聞いてみるというのもおすすめです。スタッフの方の中には心の中で「こういう道具があれば効率が上がるのに」と思っている方もいます。依頼主のほうから聞いてあげることで、道具を揃えてさらに家事の効率を上げてもらうことができます。


初回依頼時には片付けすぎない


家事代行サービスを初回に依頼する際や、見積もり時には、つい見栄を張ってスタッフの方が来る前に片付けたくなってしまいますが、ここを我慢することが重要です。家事代行サービスでは初回の訪問時に、作業の内容やそれぞれの作業にかかる時間などを見積もりますので、普段よりも部屋を綺麗な状況にしてしまうと正確な見積もりができず、サービスを開始してから認識の齟齬が起こるリスクがあるためです。家事代行サービスを依頼するときは、普段通りのままで来てもらうのがおすすめです。






★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★


※体温


※海外渡航歴


※サービス中の注意点


等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。


★何卒ご理解とご協力お願いいたします★


料金等詳細はホームページへ


まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を

https://www.kajidaikou.info



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示