top of page
  • 執筆者の写真ハウスエージェント

家事代行を頼むときの罪悪感を消すには?


■時間の価値を考える


時間の価値を考えましょう。というのも、忙しい現代人にとって時間はお金以上に貴重だから。

そして時間は有限です。本当に自分がしたいことに時間を使いたいと思いませんか? 一日の家事が1時間とすると1カ月で30時間、年間だと360時間になります。

その内の何割かを自分の時間にできる、と考えれば決して高くありませんよ!


■家事代行スタッフも働く女性


家事代行スタッフも働く女性です。やりがいを得たり、お金を稼ぐために働いています。

つまり、家事代行スタッフからすると、仕事を続けるためにも家事代行サービスを利用してもらった方が嬉しいわけです。

時間がない人、「家事は苦手…」という人が家事の得意な人に家事を依頼する、まさにウィンウィンの関係と言えます。


■家族の必要経費


家族の必要経費だと考えましょう!

なぜかというと、会社と同じだから。繁忙期に一部の仕事を外注すると、社内の作業効率が上がるのと同じです。

また、社員に急病人が出て、ほかの社員も手一杯なら外注しますよね。

家庭もそれと似ています。しんどいけど皆忙しくて手一杯、だとしたら家事を外注してもいいと思いませんか?


■娯楽を一つ我慢する


自分の娯楽を一つ我慢してみましょう。なぜなら、家事代行を頼む代わりに、自分も我慢することで罪悪感をなくせるから。

月に一度のネイルサロンや美容院、飲み会、ランチ会… 一つ我慢すれば月1万円くらい捻出できるはず。

むしろ、それで家事のストレスが軽減されるなら安いものです。





料金等詳細はホームページへ


まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page