top of page
  • 執筆者の写真ハウスエージェント

家事代行を使うことは贅沢ではない!


家事を他人に任せることに、罪悪感を抱く人も多いのではないでしょうか?


気にしない方もいらっしゃいますが、「なんか罪悪感あるな」と感じる方も。


家事代行サービスは浸透してきたといっても、利用したことない人の方が大多数。とはいえ、少なくとも家事代行サービスは贅沢なんてことではないんです。


■家事代行が贅沢だと思われてしまう原因


金持ちのみが利用するというイメージ

「金持ち=家政婦を雇っている」というイメージもあります。

というのも、映画やドラマ、アニメで子供の頃より僕たちがしばしば目にしてきた光景だからです。つまりイメージの刷り込みが原因。

ですから「家事代行を使っている」と聞くと、反射的に(金持ちだなあ)と思ったりするわけです。


■家事=主婦の仕事という価値観


家事は主婦の仕事という価値観も原因のひとつ。


そのワケは、近年、共働き世帯は増加し女性の社会進出は進んでいますが、家事に対する価値観は昔から変わっていないから。

『サザエさん』の磯野家みたいなイメージとでも言いましょうか。結局、女性だけが負担を強いられているのが現状です。


■時代による価値観の変化

時代による価値観の変化は大きいです。というのも、「男は仕事、女性は家を守る」「3歳児神話」「イクメン」「ルンバ」など、家庭や家事、育児の価値観はどんどん変わるから。

つまり、「家事代行サービス」も現代の新しい価値観のひとつ。そう遠くない未来、家事代行が社会の必要不可欠なインフラになっていてもおかしくありません。


■心身の健康維持のため


心身の健康維持も理由のひとつ。無理をして体調を崩しては元も子もありません。

掃除、もしくは料理だけは苦手という人は多いですね。また子育てに追われ、ご飯もままならない母親も大勢います。

人はいつも全速力で走れません。たまには立ち止まり、メンテナンスする必要があります。







料金等詳細はホームページへ


まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page