top of page
  • 執筆者の写真ハウスエージェント

家事代行に若い女性スタッフが急増している理由


家事代行スタッフといえば30〜50代の主婦が中心です。

しかし、最近は20代の若い女性を見かけることも増えました。

今回は「家事代行に若い女性スタッフが急増している理由」を解説!


ドラマの影響は絶大です。

主人公の年齢が25歳ということもあり、家事代行スタッフという仕事に対し、心理的なハードルが下がったと考えられます。



花嫁修業


スタッフとして働くのは「花嫁修業」に最適です。なぜなら、家事の基本や座学を学び現場でスキルも身につけられるから。

「女子力を高めたい」「婚活のために」という理由から、家事スキルを向上させたい若い女性にはぴったりの仕事です。


人の役に立つという実感を得られる


「誰かの役に立ちたい」人間であれば誰しも持っている「社会的欲求」を満たせるのも理由でしょう。

現場で仕事をするたびに「自分の力が人の役に立っている」と感じることができます。依頼者は皆、家事で困っているからです。

依頼者は問題を解決して満足、ハウスキーパーは人の役に立ったという充実感を得られる素晴らしい仕事です。


結婚・出産後も続けられる


結婚・出産後も続けられます。なぜなら、ハウスキーパーの仕事は都合のいい時間に働けるから。

実際、スタッフの多くは30〜50代の主婦中心です。さらに言うと、ハウスキーパーには年齢制限がありません。

体力と気力の続く限り、ずっと働くことができるのです。





★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★


※体温


※海外渡航歴


※サービス中の注意点


等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。


★何卒ご理解とご協力お願いいたします★


料金等詳細はホームページへ


まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page