• ハウスエージェント

夏に気をつけたい食べ合わせ




「うなぎと梅干」、「スイカとてんぷら」など...、 「食べ合わせが悪い」という話を、だれでも一度は聞いたことがありますよね。




しかしながら、「一緒に食べるとよくない食べ合わせ」というものが、 むかしから現代にずっと伝えられ続けているということは、 それが長い暮らしのなかの経験から生まれた「暮らしの知恵」のひとつであることは確かです。 消化の悪いものを多く摂らないようにとの警告や、過食への戒めなど...。



うなぎと梅干し


うなぎの脂っぽさと梅干の酸味が刺激し合い、消化不良を起こすことがあります。また両方ともご飯に合う食材であり、 脂肪分の多いうなぎは梅干を口にするとさっぱりするので食べ過ぎになってしまい、 消化不良を起こしやすいとも言われています。胃腸の弱っている夏は特に、脂分と酸味の強いものを多量に摂る組み合わせには注意が必要です。


スイカとてんぷら


水分が多いスイカは胃酸を薄めてしまうため、大量に摂ると油分の多いてんぷらの消化が悪くなってしまいます。また、油っぽい天ぷらを食べた後は、冷たく冷やしたスイカはさっぱりとしていてつい食べ過ぎてしまうもの。 その結果、胃腸の調子がくずれてしまいがち。水分と油分の多い食べ物を一緒に摂ることは、胃腸の弱い人は避けたほうが無難です。


なすの漬け物と冷たいおそば


なすの漬け物は体のほてりを冷ます働きがあり、冷たいおそばには胃を冷やす作用があります。よってこの二つを冷たいまま食べ合わせると、身体を冷やす原因になっていまうことがあり、 消化もよくないことから下痢を起こす場合もあるので注意が必要です。


※「食べ合わせ」による体への影響は、摂取量や体質、そのときの健康状態によるものが大きいこともどうぞお忘れなく!



★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★

※体温

※海外渡航歴

※サービス中の注意点

等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。

★何卒ご理解とご協力お願いいたします★

料金等詳細はホームページへ

まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を

https://www.kajidaikou.info




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示