• ハウスエージェント

【冬のおすすめ寝具】冬の掛け布団と毛布の選び方!



軽く運動したり、入浴でリラックスしたり…等、眠る準備を整えても、冬のように極端に気温が変化する季節の場合は、寝床の環境によってはせっかくのコンディションが台無しになる恐れがあります。

冬は暖かくするために特に寝具を多く重ねてしまいがちになりますが、その寝具の組み合わせは重要です。 布団や毛布の素材に気をつけることも必要ですが、就寝時の寝具を重ねる順番にも気をつけなければいけません。


「寝床内気象」を快適に保つ寝具


寝床内気象(しんしょうないきしょう)とは、人と寝具との間にできる空間の温度・湿度のことをいいます。


保温性と吸湿性ができるだけ優れているものを選ぶ、ということが一つのポイントになります。


保温性

冬の寝具において一番重要なのは「保温性」です

寒い日でも快適に眠るためには寝床の中を一定の温度に保つ必要があります。 また、保温性が高ければ掛け寝具を何枚も体の上に重ねずに済むので、圧迫感なく眠ることができるというメリットもあります。


吸湿性・放湿性

人は季節にかかわらず寝ている間にコップ一杯分の汗をかくと言われています。 これは、眠るために深部体温を下げようとしているからです。 湿度が高いと汗をかきづらくなるため深部体温が下がりにくく、なかなか眠れない、睡眠の質が悪くなるということにもなり得ます。 また、次第に布団の中が蒸れて寝苦しくなり、不快感で目覚めてしまうことや、寝ている間に布団を跳ね除けてしまい、結果的に風邪を引いてしまうこともあるかもしれません。 寝ている間にたくさん汗をかくため、そのままにしておくと寝床内の湿度は次第に高くなっていくので、汗を素早く吸収する「吸湿性」、湿気を放出する「放湿性」の高い寝具を選ぶことが重要です。寝床内の湿度を高くしすぎないようにする必要があります。


軽さ


快適な睡眠には、寝具の重量も大切なポイントです。 大人は一晩に20〜40回寝返りをうつとされています。 寝返りには、レム睡眠やノンレム睡眠といった睡眠の段階のスムーズな切り替え、体温の調節、寝床内の温度調節などの役割があるといわれています。 ずっしりとした安定感が好きな方もいらっしゃるかもしれませんが、布団が重いと、スムーズな寝返りを打てなくなるので睡眠の質が悪くなる恐れがあります。 また、息苦しさや圧迫感を感じて眠りにくくなる、ということもあります。 血行が悪くなって体の疲れが取れなかったり、肩こりや冷え性の原因となったりする場合もあります。



★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★

※体温

※海外渡航歴

※サービス中の注意点

等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。

★何卒ご理解とご協力お願いいたします★

料金等詳細はホームページへ

まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を

https://www.kajidaikou.info/





閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示