top of page
  • 執筆者の写真ハウスエージェント

リモートワーク・在宅ワーク中に家事代行を利用して夏休みを乗り切った体験談


夏休み中に子どもと過ごしながら、リモートワークや在宅ワークを乗り切った体験談


子どものケアに割いた時間は家事代行で埋めても◎


子どもとの時間を確保すると、一方で仕事時間が確保できなくなることも。いい方法はありますか?


子どもとの時間が増えると家事をこなす時間が減り、家の中がぐちゃぐちゃになってメンタルが弱ってしまうこともありますね。


そんなときは、家事代行サービスを依頼し、夏休み期間中の掃除は、家事代行さんに来てもらいました。


子どものお昼ご飯を用意しておいたら、とても助かりました。

家事代行の面でも「週に2回、2時間ずつの掃除」といった頻度でお願いすれば、家の中が荒れ果てることはありません。夏休み中は子どものケアに時間が割かれ、仕事や家事に影響を及ぼしがち。見守りサービスがない場合でも、家事代行サービスで家事の時間を短縮してもいいと思いますよ。


振り返ってみて、1カ月間がんばり続けるのは大変ではなかったですか?


夏休みは長丁場。子どもも親も、がんばり過ぎたら早々に燃え尽きてしまいます。おいしいご飯を食べたり、好きな飲み物をゆっくり飲んだりといった時間も大切です。


公園に行ったり図書館に行ったりといった、親子のくつろぎタイムを意識的に作ることで乗り切れたと思います。


おすすめの息抜きは「家族でお取り寄せグルメを選ぶ」。家族全員でお取り寄せグルメを選ぶと、選ぶ時間だけでなく届いてから食べる時間も楽しめます。おいしい食べ物は心も体も癒やしてくれますよ。


また夏休み中のお昼ご飯問題も家事代行サービスで解決できます。家事代行サービスには、ご飯の作りおきサービスを提供しているものもあるので、冷凍できる作り置きランチを週に2回ほど作ってもらえば、お昼ご飯ストレスに苦しむこともありません。がんばりすぎず、要所要所で息抜きすることで、きっと乗り切れるはずです。






料金等詳細はホームページへ


まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page