• ハウスエージェント

どうやったら消える?家事代行サービスを頼む罪悪感




「頼んでみたい気持ちはあるけど、まだ家事代行サービスを頼んだことがない」という人は、意外と多いのではないでしょうか。その理由として意外に多いのが、家事を他人に任せることに罪悪感があるからというもの。そこで今回は、家事代行サービスを頼むときの罪悪感について、その消し方や家事代行サービスに対する上手な捉え方についてご紹介します。


家事代行サービスに罪悪感を持つ理由はさまざま


まず、どうして家事代行サービスを頼もうとするときに罪悪感を抱いてしまうのでしょうか。その理由を考えてみましょう。


女性は家事をやって当たり前?


専業主婦の母親のもとで育った人は、子どものころから常に母親が家事をこなしていた姿を見てきたため、「家事は女性がやるもの」と認識しがちです。また、自分や自分の奥さんが家事を行うことも当然のことだと捉えがちになってしまいます。そのせいで、家事代行サービスを利用することを「わがままだ」「怠けている」と思ってしまうのです。


「家事は自分がやれば無料」という意識がある


自分で行えばお金がかからないのが家事。無料でできるものを、わざわざお金を払うことに躊躇する人も少なくないでしょう。そのため、お金を払って家事をしてもらうことに「贅沢なことをしている」という感覚になりやすくなります。


家事代行サービスを使う時に考えたいこと


それでは、家事代行サービスを使ってみたいけど罪悪感を抱きがちな人は、どのようにしてそれを打ち消せばいいのでしょうか。


素人の自分と家事のプロとの違いを比較する


家事労働サービスで家に来てくれる人は、家事のプロフェッショナル。そのため、掃除ひとつを取ってもレベルが違うクオリティで仕上げてくれます。また、短い時間の利用でも効率よく家事を終わらせてくれることも。家事のプロに任せることの価値は、素人の自分がやる場合との違いを比較してみると最もわかりやすいでしょう。


家事代行サービスを利用して得た時間について考える


家事は、たしかに自分でやればお金はかかりませんが、確実に時間はかかります。洗濯、料理、掃除、買い物と、家事によって取られてしまう時間を計算してみると、1日で数時間、1週間で数十時間になります。忙しい現代人にとって貴重なのはお金よりも時間。このように時間の価値を考えてみると、決して家事代行サービスを頼むことは無駄ではないと気付くことができます。


時間を効率に使えるだけでなく、体と心の負担軽減に


家事は時間がかかり、また仕事と同様に肉体的にも精神的にも負担が大きいもの。特に仕事や育児でヘトヘトになっているときに、毎日の家事も自分でやろうとするのは、とても大変です。家事代行サービスを上手に使えば、時間を有効に使えるだけでなく、体と心の負担を軽減でき、また家事のプロによる掃除や料理を享受できます。家事代行サービスに罪悪感を抱きがちな人は、ぜひそのような認識を持ってみてください。



★安心安全なサービスを続けるため、サービス前に「感染対策チェックリスト」の実施をいたしております!★

※体温

※海外渡航歴

※サービス中の注意点

等感染対策に関する簡単な確認事項を事前にキャストよりお客様へご案内させていただくものです。

★何卒ご理解とご協力お願いいたします★

料金等詳細はホームページへ

まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を

https://www.kajidaikou.info/

インスタフォロワーさんは割引あり



4回の閲覧0件のコメント