top of page
  • 執筆者の写真ハウスエージェント

お子さん3人!専業主婦の方の利用例



依頼者さまは、妻(専業主婦)と3人のお子さん(1歳、2歳、4歳)との5人暮らし。ご自身はリモートワークも活用しつつ平日は夜遅くまで勤務されています。


普段は、奥様が家事全般を担っていて、土日などの休日にはご主人も料理を作ります。小さなお子さんが3人いるので、奥様は自分の時間がほとんどとれないようです。


依頼された当初は…

「依頼当初は、結婚記念日も近かったのでコース料理でも作ってもらおうかと思っていました。でも、子どもが多いのでゆっくりできないし、1回の食事で3万円を使うよりは、どうせなら作り置きをしてもらってしばらく家事が楽になる、という使い方のほうがいいかな、とニーズが変わっていきました。それで作り置きを依頼したんですが、妻からもすごく高評価でしたね」とのこと。


妻からも高評価!実際に体感してみると想像以上に楽でした

実際に使ってみて、サービスはどうでしたか。


「とても満足しています。家事をやらなくていいのが楽というのは誰でも想像できると思います。ですがそれ以上に、実際に体感すると『思っていたより、もっと楽』なんです。料理であれば、献立や栄養バランスを考えるのも結構大変ですよね。調理時間がなくなるだけでなく、そういった考える時間・ストレスも減るのは大きいです」


「料理も全部おいしかったですし、栄養バランスも考えられていて、品数も多かったです。なかでも、料亭で出てくるような出汁巻き卵を作ってくれたのには、驚きました。我が家には専用のフライパンもないのに『どうやって作ったの?』『こんなのがうちの料理器具でできるんだ!』と、ひたすら感動しました




家事代行は楽をするサービスだと思っている方がまだ多いのではないでしょうか。楽することには罪悪感を覚えてしまうのかもしれません。

だからこそ、罪悪感を押し切るのではなく、楽をすること以外の目的を決めてみても使いやすいと思います。


『子どもをサポートしたい』と思っている親もいるので、親孝行のつもりで『サポートを受ける』のもいい。ホームパーティを特別なものにしたり、自分の家事の腕を上げるためにプロに教えてもらう、というのでもいいと思います」

「そういった目的を明確にもってみるのも、使いやすいと思いました」






料金等詳細はホームページへ


まずは会員登録(無料・1分で登録完了)を


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page